国会会期は延長されるのか。政府与党の対応が注目されます。

私たち野党はいわば受け身の立場。しかし、仮に会期が延長されるのであれば、私たちが求めているように、米朝首脳会談を受けた、我が国の対応をはじめとした外交問題等、大きく動いている課題について安倍総理に国会で語ってもらい議論をする場を、予算委員会で何としても作っていかなければなりません。

会期を延長するのであれば、時間がないことを理由にこれを拒むというのは、スジが通りません。

会期がある限り、国民の注目する課題についての議論をしっかり行うべきです。