私自身、前財務次官のセクハラ発言問題が長々と国会で取り上げられるような状況はいかがなものか‥‥と思いはしますが‥‥

それにしても、麻生財務大臣のレベルの低さは看過できません。今日の国会でも、セクハラに「はめられた可能性は否定できない」と答弁。その辺りの与太話ではありません。国会での公式な答弁ですから耳を疑いました。その後撤回はしたものの、そのような発言が今でも出ることが私には驚きです。

今、麻生財務大臣に課された使命は、数々の問題を抱えた財務省の信頼を取り戻し、「財政健全化」という本来の仕事をまっとうにできるようにすること。それなのに、大事自身が墓穴を掘るような発言を次から次へと繰り返す様は異様です。

財務大臣の任に能わず。その一言に尽きると思っています。