北朝鮮問題に対して、トランプ政権からは、マティス国防長官も楽観論を述べるなど、非常に楽観的な見通しが示されています。しかし、私は本当にそれでいいのかなという気がします。

金正恩氏の狙いは、当面、トランプ政権の間、なんとか時間をかけてしのぎたいということだけではないか。今のトランプ政権は本当に何かあれば攻撃してくるかもしれないから、彼が大統領の間は何とかそれをしのぎたいという一心ではないかと思います。

すなわち、トランプ政権との間で、本当に体制保証と引き換えに核放棄といった恒久措置まで約束しようとしているとはとても思えません。

トランプ政権は、駐韓米大使でさえ最近任命したばかり。国務省の体制も揃っているとは言い難い現状です。そのような外交のプロが欠ける中でのトランプ政権の楽観論に危惧を覚えます。