財務省福田事務次官が、セクハラ発言をしたする報道があり、今日、財務省は、福田氏からの聴取結果として、報道のようなことはなかったと否定するコメントを文書として発表しました。それはそれで分かりました。

ただ、私が非常に違和感を覚えたのが、事実関係を財務省としてもこれから調査するというくだりの中で、「福田事務次官からの聴取だけでは、事実関係の解明は困難であることから・・財務省の記者クラブ(財政研究会)の加盟各社に対して、各社内の女性記者に以下を周知いただくよう、要請した」として、

「ー 福田事務次官との間で週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらしゃれば、調査への協力をお願いしたいこと。
ー 協力をいただける方の不利益が生じないよう、責任を持って対応させていただくこと。」

と、されています。

仮に、セクハラ発言が事実だったとしても、その女性記者やその報道社が、「私です」と、財務省を向こうにまわして躊躇なく手を挙げられるものでしょうか。誰も出てこなかったら、「そんな事実は無かった」とするのでしょうか。

皆さんはどう思われるでしょうか。