加計学園問題について、愛媛県が作成した文書が農水省内で見つかりました。

文書が政府内で見つかったことで、それ自体の信ぴょう性は高まったと言わざるを得ません。総理官邸で加計学園関係者らと面会し、「首相案件」と述べたとされる柳瀬総理秘書官(当時)も、さすがに「記憶にない」とばかり言っているわけにはいかなくなってきています。

ただ、農水省も何か奥歯にものがはさまった感じです。この文書を受け取った職員は、受け取ったことを全く覚えていないと。普通に仕事をしていたら、自分が担当する案件で、「首相案件」などと総理補佐官が発言している内容を含む文書を、全く気にもとめないはずはありません。ここでも「記憶にない」でやり過ごそうということか。

疑念は晴れません。