今日、参議院で来年度予算案が通過したので、予算案は成立しました。国会での予算委員会を舞台とした議論は一旦区切りを迎えます。

しかし、森友学園問題について、昨日の佐川氏の証人喚問では事実が解明されたとは到底言えません。むしろ、佐川氏が自分のことについては「訴追の恐れあり、答弁を差し控える」と連発した一方で、総理官邸の関与についてだけははっきりとこれを否定した不自然さから、疑惑は深まった感すらあります。

しかし、予算委員会という舞台が終わった今、我々野党として、どのような場で事実を解明していくか、知恵を出さなければなりません。これからが本当の勝負です。