森友学園問題に関する決裁文書の書き換えについて、今日財務省からなされた調査報告は、決裁文書の書き換えは事実で、しかも、ひとつの文書にとどまらず、14の決裁文書が書き換えられていたという、私にとっては信じられない、衝撃的なものでした。

なぜここまでして隠さなければならなかったのか。なぜそこまで安倍総理官邸を「忖度」しなければならなかったのか。

しかも、今日の報告を見ると、まだ、誰の指示で、どのような経緯でこのような書き換えとなったのか、その組織としてのかかわりについては明らかになっていません

事案の中身を見れば、現段階でわかっていることだけでも、麻生財務大臣はもちろん、安倍総理の責任は厳しく追及されざるをえないものです。

まだまだ出口は見えません。