森友学園問題に関する決裁文書の書き換えについて、財務省が認める方針であるとの報道がありました。

決裁文書を書き換える。これまで述べてきたように、それは到底あってはならないことであって、もしそれが事実であるとすると、誰がどのような経緯と背景で行われたのかということも、しっかり明らかにしていかなければならないと思います。

事の重大性からすると、トップである麻生財務大臣の責任は免れません。そして何より、この森友学園問題に関する一連のことが、安倍総理及び夫人を含めた関与のもとで疑念を持たれているという、その原点を見失ってはなりません。

その全体像の解明こそが、国会に求められています。