来週の衆議院での審議は、2回の本会議質疑をはさんで、予算委員会においては2回の集中質疑と金曜日の地方公聴会まで決まりました。

速いペースだなと思います。野党側の理事の皆さんは、充実した審議となるように必死に与党側と交渉してくれています。しかし、いかんせん野党側が分裂した状況では、交渉に「強み」が出ません。このような与党ペースの、速い審議になるのも、交渉上の限界をあらわしています。