松沢参議院議員が、希望の党の分党を申し入れたとのことです。

このことへの対応は、幹事長に一任ということです。

私の考えは二点。ひとつはこの件は、党存立の根幹にかかわることであり、早期に結論を出すべき、ということ。

ふたつ目には、その結果どのような分党になるのか私にはわかりません。しかし、いずれにしても玉木代表が言った、民進党・無所属の会、そして立憲民主党も含めた幅広い野党の連携につながるようなものであるべきです。そうなって欲しいと思います。ただ、もしそういうものにならないのであれば、その方向に向けた動きをしたいという人たちにも分党を認めるべきです。基本的な立ち位置が大きく異なるわけですから。いわゆる「結党メンバー」ではないという理由だけで、違った取り扱いがなされるべきではありません。