東京で、「日本の未来を拓く   大串ひろし君を囲む会」を開かせて頂きました。

今後の野党連携のあり方、そしてそれに向けた希望の党のあり方(あるいは私の身の処し方にも)に注目が集まる中、希望の党、民進党、立憲民主党、そして無所属の皆さんからも、それぞれ幹部の方々に参加してもらいました。

それぞれの立場から、それぞれ挨拶の中で述べて下さいましたが、通じているのは、野党はしっかり連携すべしということ。

ならば実現すべし。今日の「囲む会」に来ていた人たちが本気で実現しようと思えばできること、です。