この二日間の衆議院予算委員会での補正予算案審議を見ていて、安倍総理から「野党、組し易し」と見られているのが明らかで悔しい限り。

昨年の都議会選挙後の閉会中審査などの時には抑えられていた、野党側への挑発のような答弁振りが、再びあらわれています。

野党側がまとまっていれば、必ずや跳ね返せられるだけに、本当に悔しいです。