統一会派問題については、繰り返しですが、とにかく幅広い連携につながって欲しいということに尽きます。

その上で、今の希望の党、民進党の統一会派に向けた合意文書の中で、注目された安保法制の部分については、「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な見直しを行う」とされています。

今後、幅広い連携を実現していくためには、私はこの「違憲と指摘されている部分」が何であるかについて、(安倍政権が憲法解釈の変更で行使可能とした)「集団的自衛権」のことだと、はっきりさせるべきだと思います。

ここをぼやかしたままだと、後ほど、必ず論争の的になると思います。きちんと整理して、今後より幅広い連携を可能とする土台を作るためにも、はっきりさせるべきだと思います。