与党側が言い出している「国会運営改革」とやらは、全くの自己都合。安倍総理をはじめとした政府側の、国会への説明の場面を減らそう、減らそうという、魂胆が見え見えです。

党首討論をやろう、という提案もそれ自体は全く当然ですが、それのかわりに予算委員会での安倍総理の出番を減らそうという考えでしょう。予算委員会はそれはそれとしてしっかりやりながら、党首討論もきちんと行うのがスジです。

今、野党側がバラバラの状態であることにつけ込んで、今なら有利と考え言ってきているという、動機も良いものではありません。

野党側もしっかりしないと。