この年の瀬、事務所のみんな、選対の仲間と、今年の選挙を振り返りながら、次に向けた我が事務所の活動のあり方などについて改めて議論しました。

選挙区が新しくなったこの数年。とにかく新しい地域で顔を知ってもらい、親しんでもらうことをまず第一に考え活動してきました。

その方向性自体は間違いではなかったと思います。さて次ですが、やはり各地域で支援して頂ける皆さんの輪をさらに広げていくと同時に、その輪をある程度の後援会組織の形に作り上げていくことを目指さなければなりません。

私たちの選挙は、当初から「草の根」の選挙です。ボランティアの方々をはじめ、気持ちで応援して下さる皆さんに支えられています。

その皆さんの輪を、より有機的につなげていくこと。その中からさらなる支援の輪の広がりが触発されていきます。そのような方向性に持っていくべきだとという声が、支援して下さる皆さん方の中から自然と出てきているのも、その時期にきていることを告げています。

みんなで、さらに大きく広がっていきたいと思います。