明日、民進党の両院議員総会を含む会議で、希望の党、立憲民主党に対して統一会派を組むことを打診することが議論され、一定の前提のもとにそれが承認された場合、その後の動きが極めて重要です。

希望の党、立憲民主党の両党は、打診を受けたら何がしかの検討をし、対応をしていくことになるでしょう。その際に大事なことは、私が希望の党の共同代表選の際に訴えたように、希望の党、民進党、立憲民主党にわたって、幅広い連携がなるような方向を作り出していくこと。私は連携がその一部で止まってしまうような結果で終わることは望ましくないと思います。

目指すはあくまでも幅広い連携。それが目指せるような議論が動き出して欲しいと思いますし、そのために私も必要な働きをしていきたいと思います。