立憲民主党の枝野代表が、今民進党で検討されている、希望の党、立憲民主党への統一会派呼びかけの議論に関して、「あくまでも理念、政策への賛同があるかだ」という趣旨のことを語ったとのこと。

私はこれは当然のことだと思います。

統一会派を組むか否かを党として議論する際には、どの党であっても、基本的な理念や政策が一致しているかを、確認して検討するのがスジです。そうでなければ、その統一会派は結成したとしても簡単に崩れてしまうでしょう。

そんな真っ当な道を行くべきです。