特別国会は閉幕しました。

衆議院選を経て、民進党であった勢力を含め野党がバラバラ中で戦った国会論戦は、やはり力を発揮し得ないものであったことを、短い会期ではありましたが、如実に示した国会ではなかったでしょうか。

国会において、安倍自公政権と真正面から相対峙できる、ひと塊りの勢力が絶対に必要です。

来年の通常国会が始まるまで1ヶ月強。それまでに私たち野党側の国会議員がやれることは何か、やるべきことは何か、本当に真剣に考え、ひとりひとりが行動していかなければなりません。