民進党が地方総支部を残す方針を決めたということです。民進党の判断としてはそうなるだろうなと思っていました。

地方組織をどうしていくかということは、民進党に限らず、希望の党でも立憲民主党でも大きな課題です。ただ、今具体的な地方組織を持っているのは民進党のみ。これをあえて弱める必要はありません。なぜなら戦うべき相手は野党同士ではなく、安倍自公政権だからです。

そういう認識に立てば、野党連携のあり方についても自ずと方向性が定まってくると、私は思います。