衆議院文科委員会で、加計学園への獣医師学部設置認可にかかる審議が行われました。

単なるスキャンダルという問題ではない、まさに税金の使い道に関わる、だからこそ国会がしっかりチェックしなければならない問題です。

にもかかわらず、今日の数時間の審議だけで安倍総理は幕引きを図ろうというつもりでしょうか。

野党側の質問時間割合を減らし、また安倍総理自身も出席しないという中でした。極めて中途半端な場だったと言わざるを得ません。真相の解明などできるはずはないような環境しか与党側は提供しませんでした。

「選挙で勝ったんだからもういいじゃないか」  そんな安倍総理の傲慢な声が聞こえるような気がしました。これをこのままやり過ごしたら、安倍政権による政権運営の中で、もっと大きな問題を引き起こしかねない。そんな危惧を強く抱きます。