希望の党の共同代表選が今日行われました。

これまで、私は安倍政権との対決姿勢、そしてそのための具体的な野党連携、さらにはその際の重要な政策面での論点としての憲法、安全保障法制への態度、といった争点について、はっきりとした主張をし、それを一貫して掲げてきました。

これらはどれも、党として基本的な立ち位置と方向性と言えるものです。これらについて、今日共同代表として選ばれた玉木さんの主張も聞いてきましたが、やはり私とは一線を画するものであったと思います。

今日私に投票して下さった方々は、これをよく踏まえた上で支援をして下さったものと思います。

希望の党はこれから実質的にスタートします。希望の党が、野党全体を引っ張る主導的な役割を果たせる党として育っていくことを、私は切に願っています。