連日、各地区ごとに世話人会を開いています。

皆さんから、「大串さんはどうなるの」と心配の声をいただきます。心配をおかけして申し訳ないです。

結論を出していかなければなりません。