解散総選挙が近づいて、不出馬、すなわち引退を明らかにする先輩方が、ひとり、ふたりと出てきます。

今、私たちの党では、鈴木克昌さん、そして川端達夫さんが、その意を表明されています。

どの政治家にも「引退」という時は来るもの。しかし、鈴木さんにしても川端さんにしても、私自身個人的にかなりお世話になった先輩方であるだけに、何とも言えないさびしさはぬぐえません。