森友・加計学園問題を、二階自民党幹事長は、小さな問題、と言いました。

これがこの問題に対する、自民党の姿勢の全てを表していると思います。

7月末、閉会中審査の予算委員会で、加計学園について私は安倍総理に対して質しました。安倍総理の言葉使いこそ低姿勢なものでしたが、直接やりとりをした実感として、「安倍総理は心の中では『加計学園問題のどこが悪いんだ』と思っている」と感じました。

二階幹事長も同じでしょう。

しかし、一般の国民感覚とは明らかに大きくズレています。