小野寺防衛大臣が、北朝鮮が核兵器を持っていることをほぼ認めるような異例の発言。

国際社会は北朝鮮が核兵器を持っていることを認めていません。

北朝鮮はこれを認めることが、対話の第一歩だとしています。しかしそれを国際社会として認めた上で、では今度は大陸間弾道ミサイルの開発を止めるように交渉をするとなると、日本はもろに北朝鮮の核、ミサイルの脅威を前提とした立場になります。日本としてはこのような構図の交渉は受け入れ難いものです。

それなのに、なぜ小野寺大臣は、突出した形で、北朝鮮が核兵器を保有していることを認めるような発言をしたのか。これを聞いて北朝鮮はほくそ笑んでいるのでないか。自分は安全保障政策に明るいという自負からきていると思われる、勇み足的な発言が小野寺氏には散見されます。

国会が開催されていれば、その真意を徹底的に問いたださなければならなよう発言です。