終戦記念の日。戦争のない平和な世界を作っていくことを、この日に、改めて心に刻みます。

折しも、今、米国と北朝鮮の間で、激しい舌戦、つばぜり合いが繰り広げられています。その激しい言葉のやりとりが、お互いを追い込み、緊張関係を高めているように見えます。

力による解決のみを模索しても、それは解決にはつながりません。お互いの憎悪をかきたて、果ては戦争への道を走ることにつながります。そのことはこれまでの世界の歴史が、はっきりと示しています。

戦争は絶対にしてはならない。世界の全ての為政者が、このことを強く心に刻み込むべきです。