先日の、菅官房長官の記者会見で、菅氏は記者の質問に対して「ここは質問に答える場ではない」と述べ、答えることを拒んだ一幕がありました。

記者会見の場が、質問に答える場ではないのであれば、それは一体何なのでしょうか。政府側の考えを一方的に述べる場なのでしょうか。

この菅氏の言葉は、私には大変な驚きでした。

安倍総理は「国民に丁寧に説明する」と口先では言います。このお盆期間中も、それを墓前に誓ったとされています。しかし、言っていることとやっていることは全く違います。閉会中審査に対する与党側の態度、総理、政府側の答弁を見ていても、説明しているとは全く言えないものでした。

そこにこの菅氏の発言。

今の総理官邸は、歯車が狂ってしまっている。そう思わざるを得ません。