6日は広島、そして今日9日は長崎に原爆が投下された日。72回目の原爆の日です。

私は長崎のお隣の佐賀県で生まれ育ちましたので、長崎の原爆被害を生々しく感じながら育ちました。毎年のこの時期、唯一の被爆国として、核のない世界を作ることに、日本が大きな役割を果たさなければならないことを、改めて心に刻みます。

核兵器禁止条約にどう向き合うか。米国の核の傘のもとにある我が国とは言え、交渉に参加することさえできなかったのか。そんな思いが頭から離れません。

難しい立場にあります。しかし日本は「唯一の」被爆国です。その役割の重さはやはりしっかり踏まえざるを得ないのではないでしょうか。