北朝鮮が相変わらずの国際社会への挑発行為を繰り返す中、日本は専任の防衛大臣はいない状態。防衛次官、陸幕長は交代したばかり。

安倍総理が、全く任に能わない稲田氏をいつまでもかばい続けて防衛大臣職にとどめていたことの結果、日本は安全保障政策上、極めて脆弱な位置に置かれています。

国民の生命と財産を守るのは、総理大臣としての最優先事項です。安倍総理はその責任を果たしているとは全く言えません。