加計学園問題に関する、今日の参議院予算委員会での安倍総理の答弁には、昨日と同じくらい驚きました。

私が昨日安倍総理に質問して、安倍総理が答えた「加計学園が獣医師学部新設の申請をしたのを知ったのは今年1月20日」という内容についてです。安倍総理は、今日の審議でこれまでの国会答弁の中で、構造改革特区に申請していた時から知っていたと述べていたことを指摘されて、これまでの答弁が間違っていたと釈明。

昨日の答弁に合わせてこれまでの答弁を修正した形ですが、疑念を覚えます。

加計学園が獣医師学部を新設することを特区で認定される1月20日前に、知っていたということを認めたら、疑惑が一層深まるのではないかという懸念から、できるだけ疑われないように1月20日に知ったということにしようとしているのではないかと思われます。

とにかく、隠そう隠そうとする姿勢が改めて浮き彫りになった今日の参議院での審議でした。

昨日に引き続き、疑惑はさらに深まったと言わざるをえません。