P7140015
今日、党の災害対策本部を開催して、九州北部の豪雨災害に関する現状を確認しつつ、必要な支援活動に関して議論しました。私も本部長代行として昨日までの、私自身が現場で見てきたことを報告しました。

現下の状況では、救助救援作業活動に全力をあげながら、被災者の生活支援も急務、しかも暑さ対策もと、課題は山積。引き続き気を引き締めて臨まなければなりません。

一方で、その他の地域でも災害情報が続きます。愛知県では犬山市などで大規模な冠水被害に見舞われました。また山形県などの東北でも豪雨が観測されています。

日本全国、いついかなる時でも大雨災害が起こりうるという緊張感をもった備えが、この時期は必要です。