DSC_0342DSC_0337DSC_0324
福岡、大分の先週からの大雨災害の被災地を視察してきました。

まだまだ災害の発生が生々しい傷跡を残す被災地ですから、救援・復旧作業の邪魔になってはいけません。細心の注意が必要です。

被害の大きさは、その現場を見て改めて認識させられました。流れ出した土砂、無数の木々、荒々しい岩などが、川を覆い尽くし、乗り越えて人家を飲み込んでいった場所が数多くあります。

行方不明となっていらっしゃる方々の捜索が、一人でも多くの方の命を救って頂ければと祈るような気持ちになります。また被災された方々の今後の生活再建も容易な道のりではないことも明らかです。

国としてできることは、とにかく急いであらゆることをやり尽くさなければなりません。