都議選の結果は、都民ファーストが躍進する一方で自民党の歴史的惨敗。ただし我が党も現有議席を減らしました。

我が党の議員の離党が相次ぎ、現有議席を減らしたことについては、しっかり総括をして検証しなければなりません。

ただその一方で、共謀罪法案、加計学園問題などについての国会での議論を通じて、自民党、安倍政権の勢いを止めるということについては、一定の結果を出せたのではないかと思います。

残る課題は、自民党、安倍政権の勢いを止めた後、その後の流れの受け皿にしっかりとなること。

その意味で、今回の都議選は、達成したこと半分、達成していないこと半分、です。

これから、残る半分をどう埋めるか。それは国民の皆さんに信頼して受け止めてもらえるしっかりした政策を打ち出せるか。そこが鍵だと思っています。