天皇退位の法整備について、我が党は明日、法案についての二回目の議員間討議を行います。

 

各党間での議論を行いながらここまで来ましたが、全ての論点が各党間でおさまった上で法案となっているわけではありません。付帯決議をどう書くかについて与野党間でこれから議論をつめなければならない「女性宮家」の問題もあれば、その他にも、しっかり国会で議論をしながら答弁で確認していかなければならない論点もあります。

 

少なくとも、明日の議員間討議では、前回に次いで各議員から色々な意見が出ると思います。

 

本件は、もちろん「政争の具」とするのではなく、静かな環境下で各党間でおさめていく類の課題だと思います。しかし、それでもいくつかの論点においては、きっちり確認しなければならない論点があります。