加計学園に対する、国家戦略特区としての獣医学部新設は、「総理のご意向」で可能となったのか。

今朝の朝日新聞報道を受けて、今日この点は国会でも取り上げられました。政府側からは明らかな答弁は出てきませんが、今日の報道でもあった文部科学省で作ったと思われるペーパー、私も直接見ましたが、いかにも役所が作りそうなペーパーであり、そこには「総理のご意向」と明らかに書かれており、役所側の「忖度」が、強く推認されます。

今国会では、国家戦略特区法の改正が議論されています。国家戦略特区というものが、総理の意向を忖度したり、政治的な意図を反映したりと、恣意的な運用になっていないか、まさに加計学園問題の真相究明は、この法案を国会で通していいかどうかを判断する上での必須の要件だと思います。