安倍総理は昨日の衆議院予算委員会で、長妻議員から憲法改正についての自身の発言について問われた際、全く答えず、それどころか「読売新聞を熟読してくれ」などと発言しました。これは全くもって言語道断。

 

その一方で、今日は共産党の小池書記長から具体的に憲法9条改正について問われた際、それなりにつっこんだ答弁をしていました。これに私はやや驚きましたが、今日の安倍総理の答弁をきっかけに、憲法9条に自衛隊を位置づけるといった安倍総理の具体的な考えに迫っていけると感じました。

 

ポイントは、安倍総理の言うことをそのまま受け止めれば、集団的自衛権を行使する自衛隊を憲法に位置付けるということになるということ。この点も含めて、状況に応じて衆参憲法審査会できちんと議論していくことが大事です。