安倍総理の今日の衆議院予算委員会での、憲法問題に関する答弁には驚きました。

5月3日にはあれだけはっきりと、憲法9条改正、期限は2020年施行と主張しながら、今日の予算委員会で問われたら、「あれは自民党総裁選として言ったのであって、今は総理としてここに立っているから答えられません」と。

こんな不誠実な二枚舌、許されるわけがありません。

ましていわんや、国民の生活の根本を決める憲法の問題に関して、こんないい加減なやり口で、多くの国民の理解を得られるはずがありません。

どうしてこんな基本的なことが安倍総理にはわからないのかと、大変驚いたというのが率直な感想です。