昨日の安倍総理の憲法改正に関するインタビュー報道、そして発言に対してもう一言。

これまでも安倍総理は、改憲派の集会などに行った時に、改憲に向けて具体的な条項も含めて威勢よく意欲を語りながら、その後国会で真意を問われると「国会で議論をして欲しい」と言葉を濁すということを繰り返して来ました。

また、自民党の改憲草案について国会で見解を問われた際にも、何度問われても「私は総理大臣の立場なので言えない、憲法審査会で議論して欲しい」と、繰り返し答弁して来ました。

一体、これまでのことと、今回、「9条」という具体的な条項、2020年施行という具体的な期限まで示して意欲を示したというのはどう整合するのでしょうか。

私はそもそも整合しないと思います。

総理大臣自身が、具体的な改憲内容についてまで、突出して旗を振るということが自体がおかしなことだからです。

憲法改正を発議するのは国会。したがって、まずは衆参の憲法審査会での議論が大前提です。それを飛び越えて総理が強権的に容喙すること自体が間違っています。そこに、安倍総理の、「憲法」というものについての無理解が如実にあらわれています。