森友学園への国有地払い下げ問題に関する、政府与党側の口を閉ざす態度は度を超えています。

 除去しなければならないゴミがあるので8億円値引きしたということについて、普通ならスラスラと出てくるべきキチンとした説明は全くなく、真実は闇の中。政治家などの関与も十分疑われるにもかかわらず、政府と籠池理事長側とのやりとりの議事録などすら残っていないという説明は、真実にフタをしようもの以外の何ものでもありません。

政府に議事録などが残っていないのであれば、真実を明らかにするには当事者に直接確認するしかないので、私たち野党としては籠池理事長をはじめとする関係者の国会への参考人招致を求めていますが、与党はこれを拒否しています。

その理由も不思議で、「違法性のある話ではないから」と。違法だったらそもそも国会ではなく捜査機関が捜査するべきこと。国会は国有財産のあり方に大きな問題がある可能性があるから、真実を明らかにするために参考人招致を求めているわけです。

与党は参考人招致を認めるべきです。