昨日もこのブログに書きましたが、森友学園に関する国有地払下げの不可思議な問題について、通常であれば役所の側から「適正な対価」で払い下げられたというキチンとした説明がなされるべきもの。

 

ところが今日の参議院予算委員会に至るまで、その具体的な説明はありません。国会での政府側からの説明は「適切にやっています」というだけであった、どのように具体的に適切なのかの説明はありません。

 

そうなると、この国有地払下げは、いよいよ何か背後であったのかということになります。

 

背後に何かあったのかなかったのか、その全てを知るのは同学園の籠池理事長。籠池氏に直接説明をしてもらわない限り、この件の全容はつかめないと思います。

       

与党は、籠池氏の参議院予算委員会への参考人聴取に関して全く後ろ向き。その様子を見ていると、いよいよ背後で何かあったのではないかということをうかがわせます。

 

そろそろ当事者から明らかな説明を求めるべき時です。