党エネルギー環境調査会での議論を引き続き行いました。色々な意見が出ましたが、とにかく議論を尽くすことが大事です。

議論を行い方向性を出していく過程においては、しっかりと議論を尽くすと同時に、適切な「根回し」を十分行っていくことが不可欠であることは言うまでもありません。それがスムーズに議論を行なっていくためのエッセンスです。

かつそれは政務調査会長として私が果たさなければならない役割だと思っています。エネルギー環境問題のように、注目を集める重要論点になればなるほどその調整過程は大変ですが、やり抜いていきたいと思います。

今までの民進党(民主党)は特にこの辺が不得意であったと思います。それが党内外の「ゴタゴタ」した見え方につながっていました。そこから脱却して進歩していくためにも、この調整過程を大切にしていきたいと思います。