南スーダンPKO部隊が、昨年7月のジュバでの武力衝突について、昨年末にはその時の「日報は廃棄した」と言っていたものの、今になってさらに探してみたらあった、としている問題はどうも釈然としません。

まず、この問題については、昨年外部から情報公開請求があってそれに対して防衛省が「廃棄した」と答えた後に 、河野太郎衆議院議員から「本当にないのか」と問われさらに探したら、別のところに存在したと。

情報開示請求という法律に定められている手続きに対しては「廃棄」とし、国会議員から問われれば改めて探して「やっぱりありました」というのは、本末転倒な気がします。

しかも、今日の国会での稲田大臣の答弁も釈然としません。

「日報」には、7月に発生したことについて「戦闘」と書かれています。しかし、戦闘はあったのかと問われた稲田大臣は、法律的な意味の戦闘はなかったと。なぜかというと、憲法9条との関係で戦闘と言えないから戦闘ではない、といったような、「口裏合わせ」のような答弁でした。これも本末転倒。

いずれにしても極めて不適切です。