文科省の天下り問題について、今日の参議院予算委員会でも議論が行われました。

 

安倍総理は、文科省の他でも同様の事案がないか、全省庁的に徹底的に調べると言っていましたが、怪しいものだということが明らかになりました。

 

今日の国会の審議において、全省庁の調査が、どのような体制で、どのような調査を行うのか、全く明らかにされませんでした。

 

担当の山本大臣は、調査の具体的なことを明らかはできないと繰り返すばかりでしたが、私は実際にはほとんど何もやっていないのではないかと見ています。

 

すなわち、やったふり。そしてほとぼりが冷め、国会審議を無難に乗り切ることをもくろんでいるということでしょう。昨年の甘利前大臣の「口利き疑惑」の時と同じ、不誠実な態度です。