今日、我が党の文部科学部門会議等で、今回の文科省の組織的天下りあっせん問題についてヒアリングを行いました。

再就職監視委員会から文科省は、天下りあっせんの全容について調査し、是正するよう求められています。そして安倍総理は、他省庁にも同じような案件がないか、全省庁に調査するよう指示を出していると、昨日私に答弁しました。

しかし、このような調査は、身内による調査でいいのでしょうか。これだけ組織的な天下りあっせんを、法に違反して行っていて、しかもそれが発覚しそうになるとその隠蔽、口裏合わせ工作までやっていたという実態です。身内で調査したところで「お手盛り」調査に終わる可能性が高いのではないでしょうか。普通に考えれば、これだけのことが起こったからには、第三者的な立場からの調査を入れるのが当然ではないでしょうか。

このような手ぬるい調査を許していること自体が、安倍内閣が天下りに甘い、緩みを生じていることの証左です。