公聴会において比較的穏当な答え振りに終始する、トランプ氏の新閣僚チーム。意外なくらいでした。

一方、大統領選の時と同様の独自の内容、スタイルを記者会見でも引き続き繰り返したトランプ氏本人。

大統領就任式を目の前にして、一体どちらが本筋なのか、改めてトランプ政権の不透明さを感じざるをえません。

私もこれまで数多くの大統領選を見てきて、米国に住んでいた時には目の前でリアルに体験したりもしましたが、今回のようなケースは初めて。本当に読めません。