政府与党は、今日、衆議院TPP特別委員会において、TPP協定及び関連法案を強行採決しました。

TPPについては、自動車輸出など日本として攻めるべき分野で攻めきれておらず、逆に農業分野においては大幅な関税撤廃、引き下げを受け入れており、すなわち守るべき分野を守りきれていないという、我が国の国益を十分確保したとは全く言えない内容になっています。

加えて、食の安全など、我が国の生活に幅広く影響を与えかねない重要論点については、まだまだ議論は全く深まっていません。

農政を担当する山本大臣ついては、極めて不見識な2回の発言について責任を明らかにすることもないままです。

安倍総理は国会審議の中で「我が党は結党以来強行採決を考えたことはない」と言いましたが、その舌の根も乾かないうちに、強行採決が行われたという事実。この総理大臣の言葉の軽さには、怒りを通り越して、呆れるばかりと言わざるを得ません。

こんなに国会、国民を軽視した国会運営は断じて許されません。