山本農水大臣の度重なる不見識な発言は、辞任に値します。

これは単なる言葉、発言の問題だけではありません。TPPにおける「強行採決」という発言を軽々しくし、またそれが大きく問題となった後でも「冗談」と軽々しく言う。

それができる背景には、TPPが農業にどのような大きな影響を与えるかを全く理解していない、また、そもそも日本の農業問題そのものを全く理解していない、山本農水大臣の「資質」の欠落が明らかに見て取れます。

これは単なる発言の問題にとどまりません。大臣としての「資質」の問題です。このような大臣のもとで、その大臣の答弁だけをもとにTPPが採決されるということはあり得ません。

だから私たちは、本当に政府与党がTPPを国会で通したいと思うのであれば、TPPの議論の前提として山本大臣辞任を求めているわけです。