国連において、「核兵器禁止条約」の制定に向けて交渉開始することの決議について、日本は「反対」しました。

唯一の戦争被爆国として、世界的に核廃絶を呼びかけていくべき立場の日本。それがこの意思表示。疑問を感じます。

確かに日本自身の安全保障をどう考えるのか、特に米国の核抑止力に依拠しているという現状とどう折り合いをつけるのかという論点はあります。

しかしそれらを踏まえた上でも、日本として少なくとも「反対」というスタンスは納得がいきません。

核廃絶は世界の崇高なる願いです。その実現に向けて、日本は重要な役割を果たすべきです。