今日の連合佐賀地方委員会には、連合本部の神津会長も参加されました。私も民進党佐賀県連代表として参加。

神津会長も、私も、挨拶の中で焦点となったのは、次期衆院選に向けての野党候補の一本化のあり方。

事実として、与党一強体制に相対峙していくには、野党側がまとまらなければならないことは、皆さんがよく理解のことと思います。一方で、その上で保守層も含めて幅広い支持を広げられるような、絶妙なバランスの上で事を進めていかなければなりません。

このようなことが成るには、日頃からの密な連絡と意思疎通が重要。

神津会長をはじめとして連合幹部の皆さんとも、私も党執行部のひとりとして、綿密な意思疎通の橋渡し役を果たしていきたいと思います。

その上で、この件は首尾よく運べると私は確信しています。