安倍総理は今日、働き方改革のアピールのためでしょう、会社員らと意見交換をしました。

 

しかし、私は安倍総理の働き方改革への本気度を、依然として極めて疑問視しています。

 

なぜなら…  例えば長時間労働を本気で規制したいと安倍総理が考えているのであれば、野党がすでに提出している、長時間労働の上限を法規制する内容を盛り込んだ長時間労働規制法案に賛同して、今国会で成立させればよいこと。

 

大手広告代理店に勤務する新人の女性が、長時間労働の結果自ら命を絶つ悲しい事件がありました。これからもわかるように、長時間労働規制はのんびり議論していればよい課題では全くありません。今起こっている長時間労働をどうストップしていくのかというスピード感が必要です。

 

ところが安倍総理は、野党案には目もくれません。すなわち本気で長時間労働を法規制していこうという考えではないことがよくわかります。

 

同一労働同一賃金もしかりです。安倍総理が本気で、非正規労働の皆さんの処遇を改善したいと思うのであれば、合理的な理由なくして差別的な待遇を禁止する旨の法文を、使用者側に立証責任を負わせる形で入れることに尽きます。ところがこれも安倍総理はなかなか明言しません。すなわち安倍総理のやろうとしていることは、中途半場なところで終わってしまう可能性が高いと言わざるをえません。

 

今国会で、さらに安倍総理の本気度を問うていきたいと思います。